おうちで和食

TOP > 記事

どうして離乳食を食べてくれないの? 和食のプロですら悩んだ離乳食

2017年11月24日

乳幼児期のパパ・ママにとって、大きな心配事の一つといえば赤ちゃんが初めて食べる食事である『離乳食』。「せっかく作ったのにあまり食べてくれない」「栄養は足りているのかしら?」…そんな悩みや心配を抱えているパパ・ママも多いと思います。今回は、乳幼児にとって離乳食って何なんだろう?という点から、離乳食期のお子さんとの向き合い方についてご紹介します。

 

料理やおもてなしのプロも間違えた、離乳食の考え方

離乳食について悩むのは、決してあなただけの悩みではありません。なんと、料理やおもてなしのプロでも、子どもに食事の世話をしながら「どうして食べてくれないんだろう?」と悩んだそうです!自身も離乳食作りに奮闘したという日本料理屋の店主、梶太郎さん、その奥さんで女将のあい子さん夫婦に離乳食への向き合い方についてお話を伺いました。

食べてくれないことに対して、「離乳食は、口の動かし方や飲み込み方の練習であり、栄養摂取や完食を目指すものではないということを見失っていました」「赤ちゃんはそしゃくの力や好みで、違和感があると舌で押し出してきます。逆に食感を好んでたくさん食べたと思ったら、消化できずにうんちでそのまま出てきたり…。しかも個人差があり、我が家の子ども二人でも全然違いました」という体験談を話してれました。

 

そもそも離乳食の役割って?

東京家政学院大学の酒井治子教授は、離乳食に対してこう説明してくれました。

普段、私たちは「食べる」ために、

・食べ物を口に取り込む捕食(ほしょく)
・取り込んだ食べ物を噛んで唾液と混ぜる咀嚼(そしゃく)
・それを飲み込む嚥下(えんげ)

という一連の行為を自然としているのですが、赤ちゃんは最初からそれができるわけではありません。離乳食を通して、少しずつ噛んで飲み込むことを覚え、自分で食べられるようになっていきます。赤ちゃんにとって離乳食とは食べるという行為だけでなく、食べるための能力を身につける練習でもあるのです。

 

離乳食はたくさんの“おいしい”に出会うための練習

そんな梶夫婦の離乳食作りはどんなものだったのでしょうか?

「離乳食期は食べることを練習する時期であると同時に、「だし」のうま味を美味しいと記憶させて味覚を育てる大事な時期でもあります。市販のベビーフードではなく、「だし」を使って大人の食事と一緒に作れる、手間のかからない離乳食作りを、子どもの「食べやすさ」の点も心がけて行いました」。

 

生まれて初めて「食べる」ということに挑戦する赤ちゃん。赤ちゃんによって食べる量や好み、成長のスピードも違います。「食べない」ことに焦らず、その子のペースを見ながら、味だけでなく、食べやすさや発達段階という点も意識して、食べる力を育んであげてくださいね。

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube