おうちで和食

TOP > 動画

【蛯原英里さん出演】家族で楽しむ年中行事 & 関東風お雑煮の親子レシピ

2017年12月25日

日本には1年を通じて、たくさんの年中行事がありますよね。特に、1月のお正月は新年を祝う大きな行事です。今回の対談テーマは年中行事とお正月にかかせないお雑煮についてです。

日本料理「てのしま」店主の林亮平さんと日本チャイルドボディケア協会を設立した蛯原さんが、香川出身である林さんのおばあさんが作っていたお雑煮や蛯原さんの出身である宮崎のお雑煮など、全国各地のお雑煮について、それぞれ楽しそうに語っています。ちなみに香川ではお餅の中にあるものが入っていたりするそうで…蛯原さんも聞いてビックリしています。

また、林さんが、お雑煮を通して子どもとコミュニケーションがとれる方法も教えてくださいます。子どもと一緒に簡単にできそうな方法に、蛯原さんも「次のお正月にはそれ試してみたいなあ!」と笑顔で応えているのが印象的です。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

後半の動画レシピでは、子ども用も一緒に作れちゃう関東風お雑煮をご紹介(レシピ提供者: 東京家政学院大学現代生活学部健康栄養学科教授 酒井治子先生)。こちらもぜひチェックしてみてください。

材料(大人2人分+5歳くらいの子ども1人分)
――――――――――――――――――――
もち・・・5個(250g)
鶏もも肉・・・80g
*鶏もも肉用の酒・塩・・・少々
生しいたけ・・・2.5枚
小松菜・・・30g
ゆずの皮・・・少量

だし汁・・・できあがり325cc(水420cc、かつお削り節6g、昆布3g〔5cm角〕)
調味料・・・塩 小さじ1/3(2g)、醤油 小さじ1(6g)
――――――――――――――――――――

作り方
(1)鍋に水と昆布を入れて10分ぐらいはおいておく(冷蔵庫に前の日から保存
 しておいてもOK)。沸騰直前に昆布を取り出し、かつお削り節を入れて煮立
 たせ、火を消して1分程度蒸らして、ふきんでこす。
(2)鶏もも肉は薄く斜めにそぎ切りにして、酒と塩を振りかけて、
 下味をつけ、さっとゆでる。
(3)生しいたけは軸の下方の石づきを取り、笠に十文字の飾り切りをする。
(4)小松菜は沸騰したお湯で茹でて、根元を揃えて少し絞り、
 3cmぐらいの長さに切る。
(5)(1)を煮立たせて調味料、鶏もも肉、生しいたけを煮る。
(6)焼いたもちと(5)の具材を椀にきれいに盛りつけてから、だしをはり、ゆずをのせる。

子ども用の調理ポイント
・もちは、切りもち1つを1/4くらいの大きさにカットし、焼くとよいでしょう。
 また、焼いたもちを(5)と一緒に煮るとやわらかくなり、子どもでも食べやすくなります。
・鶏もも肉の皮はとり、生しいたけは薄く斜め切り、小松菜は柔らかい葉先だけを1cmくらいにして使うと
 食べやすくなります。これらの具材は、(5)と同じ鍋で味噌こしを利用して大人用と一緒に煮るとよいでしょう。
・レシピは5歳くらいの子ども1人分の量です。1~2歳であれば、5歳児の2/3程度と考えましょう。

 蛯原英里(えびはらえり)さん
ena AMICE (エナ・アミーチェ) 代表/日本チャイルドボディケア協会 代表。
NICU(新生児集中治療室)にて約6年間勤務。ベビーマッサージ・ベビーヨガレッチなどの資格を取得し、2012年 ena AMICE (エナ・アミーチェ)設立。2015年 日本チャイルドボディケア協会設立。『ママと赤ちゃんがHappy でいられるように』とベビーマッサージはもちろん、ママと赤ちゃんが一緒に出来るベビーヨガレッチやママ向けのエクササイズなど様々な講座を開催。また、「ママになっても一人の女性」という願いから日本中に素敵なママが増えてくれるように日々活動しています。2014年、第一子出産。自身もママとして育児に奮闘中。

林 亮平(はやしりょうへい)さん
日本料理「てのしま」店主。
1976年香川県丸亀市生まれ岡山県玉野市育ち。立命館大学卒業後、株式会社菊の井に入社。2011年上海万博にて料亭紫料理長赴任、2011年菊乃井本店副料理長就任、2015年菊乃井赤坂店渉外料理長就任。菊乃井主人村田吉弘氏に師事しシンガポールエアライン機内食の開発や、JR西日本瑞風のメニュー開発、国際会議や首相官邸での晩餐会の料理も担当。17カ国で和食普及のためのイベントに携わる。また、日本料理を学びたい外国人のための制度作りに京都府と共に尽力した。現在、日本料理「てのしま」の店主として2018年3月のオープンに向けて準備中。日本料理アカデミー正会員。

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube